« 第十四番 弘明寺 ~慈愛~ | トップページ | 「空海と高野山」 »

第十三番 浅草寺 ~憧憬~

同じ日、四月八日。今まで何回も訪れている浅草寺であったが、巡礼の札所としては初めて。またお釈迦様の誕生祝の日に来るのも初めてであった。お釈迦様の幼少期の像に甘茶をかけてお祝いし、今年の初詣を思い出していた。

正月、なぜか浅草寺に初詣に行きたいと思った。人込みは苦手なのだが、行かなくてはいけないような気がしていた。しかし、特別大きな夢や希望を持つわけでもない小市民。本堂で今年一年の健康でも祈って帰るつもりだった。

…のだが。本堂で思わず脳裏に浮かんだ言葉は、「観音さまになれますように」だった。

その時は、なぜそんな事を思ったのか判らなかった。そして、再度訪れて考えると…やはりよくは判らない。それこそなんとなく、だったのである。しかし、改めて考えた上でのひとつの答えは…「こんなに多くの人が慕って訪ねてくる観音さまが羨ましかった」のではないか、ということである。恐れ多い考えであるが、自分の正直な気持ちではあったと思う。多くの人に好かれたいと願っている自分、そしてそれがなかなか叶わないことを認めている自分…色々な自分の思いが重なり、観音さまになりたい、という言葉が浮かんだのではないだろうか。

何となく始めてしまった巡礼ではあるが、自分は、どうしたら観音さまに近づけるのかを追求したいのだろうなと思う。全く、自分の心ほど分からないものは無い。しかし、とにかく札所を巡ってゆく中で見えてくることもあるだろう。時間をかけても三十三ヵ所を廻って行きたい。そして、巡礼を続けるうちに自分の心の中にどんな変化が起こるのかを見てゆくことも楽しみの一つだと思えるようになった。

それにしても、自分の物心の幸せばかりを追求しているようでは、観音さまへの道は遠いな、と思った。帰り道、仲見世のにぎわいを眺めながら、街の人々にとっての喜びとは何だろう、人類にとっての幸せとはどういうことだろう、と大きなことを考えてみながら、麗らかな春の東京を後にした。


sensozi.jpg

« 第十四番 弘明寺 ~慈愛~ | トップページ | 「空海と高野山」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31545/604305

この記事へのトラックバック一覧です: 第十三番 浅草寺 ~憧憬~:

« 第十四番 弘明寺 ~慈愛~ | トップページ | 「空海と高野山」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック