« 波打際のキャリアアンカー | トップページ | 冬の空のフェルトセンス »

青春ヒージャーソーミン

空腹になったので山羊汁を鍋で暖めた。
白飯が欲しいところだが炊き上がるのを待つ気はしなかった。
なのでソーメンを茹でる。注ぎ水などしない。茹でるのみ。

汁を皿に盛ると独特の臭みがそそる。濃い目の汁がソーメンに合う。
暫く食べると何となく飽きてきたのでターメリックをかけてみる。
ターメリックはウコンと同じだから沖縄つながりで合うんじゃないか?

…合わない訳ではなかったけれど。
山羊の臭みが消えてなんとも味気無くなった。
最初の味の方が良かった。ちょっと後悔。

青春ってそんなものかもしれない。

« 波打際のキャリアアンカー | トップページ | 冬の空のフェルトセンス »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31545/2531346

この記事へのトラックバック一覧です: 青春ヒージャーソーミン:

« 波打際のキャリアアンカー | トップページ | 冬の空のフェルトセンス »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック