« 雲収山嶽青 | トップページ | 明珠在掌 »

第二十三番 観世音寺 -架橋-

23kanzeon笠間焼や笠間稲荷で名高い街を暫し歩き、小さな山門を潜るとその瞬間から霊場となった。

静かな境内には龍頭観音や延命地蔵などが並ぶ。本尊の千手観音は四月十七日のみの御開帳であり、この日は拝むことは出来なかった。扉の向こうの観音様に思いを架け渡し、本堂を後にする。東大寺の三月堂を模した総檜造りの観音堂の建立を計画中とのことであり楽しみである。

次の寺へと向かう道中で何度も道に迷い、なかなか目指す所に辿り着けなかった。気が付けばまた同じ所を歩いていたりして、不思議な気持ちであった。そういえば時折誰かの視線を感じたような気がしたが、もしかするとお狐様が…。

« 雲収山嶽青 | トップページ | 明珠在掌 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31545/2818137

この記事へのトラックバック一覧です: 第二十三番 観世音寺 -架橋-:

« 雲収山嶽青 | トップページ | 明珠在掌 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック