« 節子の夢十夜 | トップページ | いつか晴れた日に »

いと紅き、落日の輝き

何のために生きるのか。何を求め生きているのか、節子。卵を産み落とし、大役を終えたカブトエビの節子。この後は何を目指して生きていくのだろうか。

餌を入れると、しなやかに成長した足で抱え込み、少しの間齧っているのだが、完食しない内に放り出してまた水の中を泳ぎだす。もう栄養は必要としていないのだろうか。かつてはあれほど餌を求めて泳ぎ廻っていた彼女。今は何を求め、何を想い水中を舞っているのだろうか。

他に誰も居ない水槽の中でひとり、美しく舞い続ける節子。誰よりも上手くなったその泳ぎを見本とする者はない。でも節子、君は決してひとりじゃない。僕だけは君の生き様を見届けるから。最後まで。

« 節子の夢十夜 | トップページ | いつか晴れた日に »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31545/4565618

この記事へのトラックバック一覧です: いと紅き、落日の輝き:

« 節子の夢十夜 | トップページ | いつか晴れた日に »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック