« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

喪失のグリーフワーク

またか…。

なんか、ショックというよりはもはや笑いが出てくる。
PCの不調がどうにもならず、またもやリカバリ。
XPはそれまでのバージョンよりは安定しているんだろうけど。
どうやらソフトウェアのバージョンアップがいかんかったらしい。

保存していたデータ…旅行の写真や、お気に入りレシピ、その他その他…。
バックアップしちょらんかったよ。
思いがけずやってきた喪失の時。これにいかに対処するか。

時間が全てを癒してくれる?かも。
でも、喪失の悲しみから癒されるために、悲しみを受容するまでのプロセスを実感しておきたい。
悲しみというものは、隠そうとしたり、無理に忘れようとするよりは、きちんと悲しんで整理するほうがよいらしい。
グリーフワーク、悲しみの作業といったところか。

ワークの手順に従って、ショック、怒り、落ち込み、受容という感じで考え直した。喪失のショック、なんでこうなるんだ!という怒り、あの時もっと慎重にやっていれば、という落ち込み、そしてしょうがないか、という受容。

ん~、ちゃんと手順を踏んで考えると、受容できてきたような気がする。でも、なんか自己流かも。専門家さんから怒られるか。まぁ、自分なりの整理の仕方だからいいか。

・・・・・・・・・・・

そういえば、消えちゃったデータってどんなものがあったっけ?と考えると、グラフィックソフトで時間かけてつくった画像があったのを思い出した。
く~~~っ!かなりショック!ということでもういちど、ショック、怒り、落ち込み、受容…。はぁ、こんなんでいいんかいね。

まぁ、小さいことでも、ちゃんと整理する癖をつけておこうか。これから起こる大きなことへの練習の意味も含めて。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック