« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

今日の波

暖かくなったので、海へと出かけてみた。
日差しは優しく、波は穏やか。
波打ち際に座って水面に触れてみると、思いのほか温かかった。

ふと「もう、春ですかね。」と波に訊いてみると、
波は「春…。それはなんですか。」と。
「えーと、季節の一つで、冬の後で夏の前で、暖かくて…。」
などと言っていると、
波は「今日は今日の波が寄せて返すだけです。」と。

なんか冷たいな、と思ったが、なぜか心は軽かった。
浜辺にねころんで、日光浴をして帰った。

バレンタインアイランド江の島

h182バレンタインぽいことをしてみたくて、江の島展望灯台に行ってみました。

灯台がピンク色にライトアップされていたり、ミラーボールの光のアートが繰り広げられていたり、FMの公開放送でライブをやっていたり、となかなか楽しめました。

やるね、江の島。

鎌倉、インド、激辛?

朝から松の実しか食べておらず、仙人のような日にも飽きたので、というかさすがに腹減ったので午後からメシどころ探し。鎌倉、小町通りのインド料理店「T-SIDE」へ。

初入店でしたが、お、いいですね。本格的。メニューの豊富さにどれを注文するか迷うのもまた楽し。結局「ダルサグ(ホウレン草と豆のカレー)」をインディアンライスで。ホウレン草はペーストではなく、バター炒めが具になっているイメージ。作り方は違うでしょうけど。カレーはあっさりスパイシー。辛さはミディアムだったけど、も少し辛くしてもよかったな。パサパサ長粒米によく合います。ん…幸せ。店内で流れているインド映画の映像のように踊り出したくなる気持ち。

yuuzuru踊るわけにはいかないが、ちょっと体を動かしたかったので歩くことに。鶴岡八幡宮で夕映えの大銀杏を眺め、鎌倉駅の裏側から八雲神社~手広~上州屋をひやかして藤沢まで歩いて、モスでハバネロフォカッチャを食べてから帰路へ。ハバネロフォカッチャは包み紙に「激辛」ってシールが張ってあったけど、そんなに辛くないな。ヒーヒー言ってみたかったのにな。自分にとっては量がすくなかったのかね。今日歩いたのは8km位か。

こんどホウレン草バター炒め作ろうかな…。


野毛山、メキシカン。

nogeyama天気のよい平日、久々に野毛山動物園へ。人も少なくのんびり出来る。レッサーパンダやキリンの赤ちゃん、懸命に野菜を食べるホシガメなどを見て癒される。モルモットやネズミにふれあうことが出来るのも嬉しい。放し飼いのクジャクをしばし眺める。10年前にもここでクジャクに会ったが、同じ方だっただろうか。心なしか羽の色に落ち着きが出ているような気がする。少し曇ってきたので、みなとみらいへ移動。

ワールドポーターズのL.A.S.T.で食事をして、衣料雑貨など物色して帰る。L.A.S.T.の店名は「Love .American. Story. Time」の頭文字らしい。賑やかな店ながら、木目調の家具が落ち着きを感じさせる。南カリフォルニア料理のレストランということだが、メキシカンのメニューがお気に入り。アボカドディップをチップスでいただく「テーブルサイドワカモーレ」、よいですね。器状のトルティーヤをバリバリこわしながら食べる「メキシカンサラダ」はサワークリームが効いて爽やか。チキンの「ファヒータス」は炭焼きの鳥肉や野菜、唐辛子などをトルティーヤで包んで食べるメキシコの代表的鉄板料理。トルティーヤは食べ放題なので、当然おかわり。がっつりといただきました。ふぅ~、ごちそうさま。幸せです。

毎日なにか一つ、幸せなことがあるとよいね。

新しいスタート

帰宅すると、封書が届いていた。開封してみると、昨年受験した資格試験の結果通知だった。

結果は合格。日本産業カウンセラー協会認定の「産業カウンセラー」として協会に登録されたとのこと。

さてさて。本業に直接関係がある訳ではないのだけれど、せっかく資格をいただいたことであるし、学んだことを活かし、またここからが新しいスタートと思ってさらに勉強して自分を磨いていこう。

鎌倉、浄智寺、布袋さん

平日休みだったのでぶらぶら歩いてみることにする。

大船駅からスタートして鎌倉方面へ。横須賀線の線路に平行して歩くとじきに北鎌倉駅。少し歩くと右側に浄智寺。鎌倉には何度も来ているが、当時は初拝観。

鎌倉五山の第四位、金宝山浄智寺。鎌倉の谷戸に在する当寺は、長い歴史を持つ禅刹に相応しい閑寂な佇まい。竹や杉の多い境内は山中の趣である。

裏庭の隧道を抜けると洞窟に布袋尊がおわす。腹を触るとご利益があるらしい。腹は思ったほど出っ張っておらず、笑顔の口元が個性的。「あぁーっ!来ちゃったのぉ!?」と言われている気がする。布袋さんの笑顔を拝むと思わず微笑んでしまうのもご利益か。

なんとなく暖かい気持ちになり寺を出るや否や「まいどありがとうございます。こちらはやおやでございます。」とテープを流しながら軽トラックが自分の横を通り過ぎて行き、現世感が現われた。しかし、車は結構な速度であったが、当地の方々は野菜を買いそびれることはないのだろうか。

も少しぶらりと歩く。鶴岡八幡宮でおみくじをひき、若宮大路を海へ歩き、海岸線を歩いて稲村ガ崎へ。橙の夕景を眺めた後、江ノ電で帰る。

hara

少しずつでも

なんか運動不足を感じていたので、歩いてみる。家から江ノ島まで5㌔。往復10㌔。早足だったからちょっとした運動にはなったかな。

途中、魅力的な食べ物のお店があったりしてついつい入りたくなってしまったけれど、そこはガマンガマン。今度散歩の時に寄ることにする。

しかし、日頃から体を動かしてないとダメだね。少しずつでも体を動かしていこう。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック