« パイケオのカーオ・クッカッピ | トップページ | 旅気分のオアシス »

ひとつのペルー、大和のナスカ

大和のペルー料理店「ナスカ」でごはん。

いろいろと魅力的なメニューはあったが、基本料理を注文。アンティクーチョとセココンフレホレス。ビールはクリスタルとクスケーニャ。

しっかりとボリュームがあり空腹時には嬉しい。適度な味付けもよく、食が進む。アンティクーチョやセコの味付けのスパイスや香草は、目立ち過ぎないがその存在を主張し、かつ全体を引き立てる。フレホレスは肉と豆と米の組み合わせがよく合う。

ペルー料理の好きな所は、様々なバリエーションの素材や料理方法がありながら、それぞれが邪魔することなく一つの集合体たり得ている所だ。さすが移民が支えて来た国、という所か。

店が普段あまり行かないエリアにあり、探すのに手間取ってしまった。南米への道は遠かったが、その分着いた後の幸せは大いなるものだった。

« パイケオのカーオ・クッカッピ | トップページ | 旅気分のオアシス »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31545/13804086

この記事へのトラックバック一覧です: ひとつのペルー、大和のナスカ:

« パイケオのカーオ・クッカッピ | トップページ | 旅気分のオアシス »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック