« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

ニルバーナ in 矢向

川崎駅からJR南武線に乗り、立川方面へ四分ほど、二つ目の駅が矢向だった。此処は川崎市なのか横浜市なのか、はたまた涅槃への入口なのか…。と考えている内に店に着いた。

インド・ネパール料理の店「ニルバーナ」。以前から行きたかった「ネパールレストラン」は既に無く、「ニルバーナ」に変わっていた。

何故変わったのかを考えるより問題なのは、今何を食べるかだった。メニューからCセット1050円也を選択。カレー2種類はマトンと豆、辛さは6段階の4番目、大辛とした。他にチキン、キーマ、野菜がありながらこの2種を選ぶとはなかなか通だな、オレ。

カレーにナンとターメリックライス、タンドリーチキン、サラダ、デザートにはフルーツヨーグルトと盛り沢山。

カレーはサラサラを想像していたが、サラ位。マトンは牛肉かと間違えんばかりのしっかりした肉がゴロゴロリ。豆もレンズ豆いっぱい。ジンジャーは効いているが、他のスパイスは突出し過ぎることなく、大辛でも穏やかな味わいだ。

ターメリックライスの少し固めの炊き加減もよい。ナンはふっくらで、ちょっと大きめだがついつい手が伸びる。

タンドリーチキンの塩加減もよい。シメのヨーグルトでほっと落ち着き、幸せな時間を実感。

インド・ネパール料理とあるがインド率高し。しかし、ネパール風蒸し餃子のモモ(6個650円也)やエベレストビールも魅力的。ニルバーナという名のカクテルも気になる。

ランチもいいけど、夜に寄るのもいいかも。

ランチは11:30から。定休日無し。

はまるねぇ、バーグのカレー。

横浜新杉田らびすた内の「バーグ」でスタミナカレーをいただく。

ってゆうか、マジうめーよ!

しょうが焼きカレー生卵付きだけど。カレーとポークとジンジャーが合わないわけないじゃん。でもそれだけじゃないよね。肉の柔らかさとか焼き加減とかルーの煮込み具合とかその他諸々いいじゃん。大好き。オレ、量はそんなに食わないけどさ。味が相当いい感じな訳。

というわけでまた行くさ。

心に沁みるやくぜん

心に沁みるやくぜん
横浜山下町の和食の店「やくぜん」で、やくぜんカレーをいただく。あまり知らなかったのだが、雑誌にも載る人気店らしい。

薬膳という名前からして漢方とか薬っぽい味なのかな、と思っていたのだが、思いの外食べやすく、しょうがやウコン他スパイスとハーブの効いたすっきりカレーやや辛口というところか。具の肉は少なく、ヘルシー。食べ進むとじわりと汗が出てくる。そういえば、カレーってみんな薬膳みたいなものだっけ。

ごはんは白米と黒米が選べる。黒米を選択。黒米と雑穀ブレンドのモチモチごはんだ。パサパサごはんの方がカレーに合うのではと思ったが、これはこれでなかなか美味い。

テイストは違うが、江の島のビッグサーを思い起こさせた。

サラダ付きで950円也。12時前に会計を済ませたら850円だった也。

食後、山下公園の芝生で寝そべっていたら、氷川丸の汽笛が午後の始まりを告げた。よしっ、午後もガンバロウ。

マハラニでスペシャルな夏を。

藤沢のインド料理店「マハラニ」でランチ。スペシャルランチ(本日のカレー)のガーリックチキンをいただく。

辛くしてもらってもよかったのだが、今日はミディアムで正解。やさしい柔らかさのチキンは、カレーが辛すぎない方がよい味わいだ。ルーのスパイスも主張し過ぎず、程良くじわりとよい感じ。

ナン、アイスコーヒー、サラダ、ヨーグルト、パコラ、シークカバブ付きにて1260円也。店の外観から高級料理店で入り辛いかな、と勝手に思っていたのだが、意外や居心地よかった。

メーヤウはタイ北部の村の名前。

神保町で立ち読みをしていたらカレーが食べたくなった。「メーヤウ」でレッドカレー750円也。5つあるメニューの内、辛さは上から4番目。チキン、竹の子、大根の赤いカレー。

タイカレー特有のさっぱり感にココナッツミルクのまろやかさが相まって幸福感をそそる。食も進み、ハイペースで食べ続ける。

テーブルの上に壺があったので、漬物かな、と思って蓋を開けてみたら、濃茶色の液体に、刻んだインゲン豆のようなものが入っていた。これはプリックナンプラーなるものらしく、青唐辛子入りの魚醤だった。いやはや、大好きな味。調子に乗ってかけていたら、汗がパアーっと出てきた。そらまあ唐辛子ですからね。

泰国満喫。複数カレー組み合わせのセットも良さそうだな。飽きない味わい。

オーカルカッタ、オー藤沢。

藤沢駅北口のインド料理店「オーカルカッタ」で、2カリーのセットをチキンとサグマトンで。950円也。ナン、スモールサフランライス、サラダ、マサラティー付き。ちょっと辛くしていただけるか頼んでみた所、ミディアムホットにしていただいた。自分にとってはミディアムミディアムな辛さだった。

本場の味に近いと思うが食べやすい。どちらのカレーも具材に合ったスパイスが嬉しい。チキンにジンジャーは合いますな。サグはしっかり碧色。マトンに肉の旨味あり。

ランチ650円〜というのも素敵。また来よう。

渋谷、カレー研究所にて

渋谷の「カレー研究所」にて「ネパール風キーマカレー」を。辛さ5、スパイス2で。

むむ。このスパイスの配合ははじめてですね。まさにオリジナル。よく研究されており、バランスよい味か。

個人的には、現実的なバランス無視のネパール的宇宙感を表した、あまり研究されてないざっくりしたカレーの方が好きかな。

上に乗っている目玉焼き、最初は要らないと思ったけど、後半に混ぜて、味の変化を楽しむよろし。

我求めしは味のみか/サムラート

渋谷の「カレープラザ・サムラート」でアルーパラクを。じゃがいもとほうれん草のカレー也。たまにはマイルドなカレーも善い哉。ナンにも相性好し。ほうれん草の割合が少ないかな。

マンゴーラッシーが果実感があって良かった。

注文してから割と早く出てくる…と思ったのだが、内装工場中のようで遅めだった。自分の注文したものを、他の方のテーブルに置いているし…。まあよしとするか。今日もカレーが食べられて幸せ。

目玉の70/ツールド鎌倉

目玉の70/ツールド鎌倉
梅雨の合間の晴れた空。思わず辛いカレーが食べたくなった。藤沢のシュクリアがマルイ地下からルミネに移転し、今度はレディオ湘南付近に移転していた。小麦粉系なつかしカレーにそそられて入店。

目玉焼きカレー、辛さ70を注文。一応マックスの辛さだが、それ以上にも応じてくれるらしい。じわっと小汗をかきつつ平らげる。以前70を食べた時はヒーヒー言ってたけど…歳のせいで鈍感になったかな?

晴れていて気持ちいいので、チャリでツールド鎌倉。円覚寺、明月院、建長寺、八幡宮、海沿いを走って江の島へ。

なかなかの休日。こんな日が続けばいいな。

心なしか海が赤いような気がするが。地球温暖化がストップしますように。我々が地球に対して背負う責任は大きい。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック