« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

衣張山(鎌倉市)

衣張山(鎌倉市)
神奈川県の山歩き・その2
衣張山(鎌倉市・標高120.0m・歩行時間60分)

浄明寺バス停スタート、杉本観音ゴールのちょこっと山歩き。しかしながら鎌倉の市街、由比ヶ浜と相模湾を一望出来る爽快なコースだ。

報国寺の脇を過ぎ、平成巡礼古道を登る。金剛窟地蔵尊を過ぎ、ハイランド団地の外れを歩き、登山口へ。10分程で海岸線の見える眺めのよい開けた場所に出る。此処が衣張山か…と思ったが、どうやら浅間山と言うらしい。もう少し下り登りして今度こそ衣張山へ。こちらの方がより開けている。暫し眺望を楽しんだ後に下山。下りきって道なりに杉本観音前へ。

展望と山深い味わいを楽しめる、お気軽コース。杉本観音に寄るのも良い。

海龍でサンマーメンと餃子

海龍でサンマーメンと餃子
藤沢市亀井野のラーメン屋、海龍でサンマーメンと餃子を。750+500=1250円也。

中華そばが美味いのだが、今日はサンマーメン。しっかり作られた中華料理という印象。おだしもよい感じ。餃子は「手造り湘南ぎょうざ」と店内の張り紙にある。手作り感のある確かな旨味。軽く腹ごしらえのつもりが、思わぬごちそうに。しあわせな満腹感。

ダルバール@町田

町田ジョルナ地下2階のインド料理店ダルバールでランチ。サグマトンのセット950円也。ナンかライスでナン。辛さはホットでもそれほど辛くない。口当たりは良いが、ほうれん草の味がやや薄いか。マトンは軟らかく程良いくさみが美味しい。ナンがフワリと好感触だったが、食べ放題とのことでおかわりしたら、2枚目のナンは焼きすぎでカリカリだった。

ちょっと切ないサグマトン。

夜のメニューも豊富。写真入りのメニューから選べるのがいい。ビリヤニが美味しそう。

共栄堂@神保町でビーフカレー

共栄堂@神保町でビーフカレー
神保町の共栄堂でビーフカレー。1200円だが、ソース大盛にして1500円也。ランチにしてはちょっとお高いかな、と思うが、それだけの価値はある。

ほぼ黒の褐色ソースが特徴。色々な素材とスパイスが混ざりあい、深い味だ。しかし、さらっとしており快適である。刺激は舌にわずかにぴりっと来る位。大きめのビーフは軟らかく量も多い。

ここでカレーを食べる時の自分の頭の中のBGMはミルトン・ナシメントの「トラヴェシア」だ。メニューに書いてある店の由来に目を通しながら、南国に想いを馳せ、カレーを味わう。少々夢の世界へ…。そして現実へ。

季節メニューの焼きりんごは、またのお楽しみにとっておく。

デリーカレー@銀座

デリーカレー@銀座
「あなたが今一番食べたいカレーは?」と聞かれたら、かなりの確率で「そりゃデリーのカレーでしょう。」と答えるだろう。もちろん日によって、他の店のカレーが食べたい時だってある。しかし、前述の回答をする日はかなり多いはず。それだけデリーのカレーに惚れているわけである。しかし自分が行っているのはデリーの上野店。銀座店は行ったことがなかった。

東京駅で用事を済ませ、いざ銀座のデリーでデリーカレー。場所柄か、上野店よりも高級感のある店内だが、味の方は如何に。

ああ…デリーだわ。サラサラソースに気持ち固めの白米、具のじゃがいもとソテーされたチキンは何れも味、食感上々。難点は、美味すぎるためについつい食が進み、あっという間に目の前からなくなってしまうことだ。上野店と基本は同じだが、仕上がりが異なっている所があるのがまたよい。

高級感があるといっても店の方は皆さん優しく、落ち着いてカレーを味わうことが出来た。ありがとうございます。

上野のデリーさん、これは浮気じゃない、よね。

モハンでシェフのおすすめセット

カレーが食べたい時と、インド料理が食べたい時があり、両者は違うのだ。どちらにしてもカレーは食べるのだが。今日は後者。というわけで、横浜は関内駅前のインド料理店、モハンでランチ。

シェフのおすすめセット1500円也。サラダ、ベジタブルカレー、チキンカレー、タンドールチキン、ナン、ライス、ドリンク付。ドリンクは何にするか聞かれなかったが、薄味のマンゴージュースが出てきた。

タンドールチキンが大きめなので喜んで食べようとしたが、端の方は焦げて黒くなっており、中はパサパサだったので残念。

ナンはおいしいが、その大きさに比してカレーが少ないか。全体的に刺激控え目で物足りない気がした。以前、夜に訪れた時は、メニューの豊富さとうまさに満足だった。

日替わりランチがそれぞれ美味しそう。金曜日のホームスタイルカレー900円也が気になる。

ヒマラヤでナンを食べる@川崎

ヒマラヤでナンを食べる@川崎
川崎区役所すぐ側のネパールインドレストラン「ヒマラヤ」でランチ。かぼちゃのカレー&日替わりカレー。日替わりは、挽き肉とマッシュルームのカレー。辛さは辛口で。ナン、サフランライス、サラダ、ドリンク付き。

いや〜〜〜〜〜、ナンが美味い。いろいろと食べ歩きをしているけれど、一番と言ってもよいくらい。立ち上るバターの香りと、程良い甘さがそそる。フワフワとはこのためにある言葉か。なんとも幸せな食感である。しかもそのナンが食べ放題ときた!当然おかわり。しかも、カレーを食べ尽した後に更におかわり。ナンだけでも美味しく頂けるのだ。あ〜、作り方教えて欲しいっ。

カレーも当然いける。かぼちゃのカレーのまろやかな味わいを辛口で頂く幸せ。
(o≧∇≦)o゛
光栄至極である。

夜メニューもかなりのレベル。モモやティッカ等のスナック系は、頼みだしたらきりがなくなる。とにかく全て美味いのだ。

近くだったら足繁く通うだろう。なかなか行けないだけに、余計に思いは募る。はぁ。

メーヤウカレー(大辛)@信濃町

タイカレーの有名店、信濃町のメーヤウでメーヤウカレー(大辛)、730円也。

まず、白米と別の器で出てくるカレーを数口ふむふむと味わった後に、おもむろに具のみを白米の皿に移す。そして、骨付き鶏肉を骨から外し、でかいじゃがいもを潰し、ゆで卵をスプーンで刻み、カレーをその上にかけ、唐辛子とナンプラーを適量加えて全体をよく混ぜる。そしてガツガツ食べる。

いや〜〜〜〜〜。美味いねぇ。シンプルに思える味付けだが、まさに病み付き。ココナッツミルクのまろやかさと唐辛子の風味、そしてそれぞれの具の旨味が混じりあって、なんとも言えない高揚感。少々の体調不良など何処かへ。やや塩味濃い気もするがまぁよしとしよう。鶏皮もラヴリーだ。

シタールでラムカレー@山下町

横浜山下町シタールでCランチ1200円也。日替わり肉のカレー、今日はラム。ナン、白米、サラダ、そして…タンドリーチキン!

シタールはカレーは当然のこと、料理は皆美味い。中でも好きなのがタンドリーチキン。鮮やかなオレンジ色の肉にレモンを絞って一口食べれば、芳醇な香りが口の中に広がり至福の極み。

ラムカレーは、マサラの香り豊かに立ち上り、まろやかでサラサラ。とろけるラムの舌触りの素晴らしさ。ナンの風味は言うことなし。料理全ての美味さが相まって、幸福感が倍増するのだ。

ボリュームもあり満足。高級感のある店内だが、堅苦しくはない。人気店故、昼にちょっとゆっくりするなら1時過ぎが狙い目。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック