« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

アジャンタ@麹町でマトン&サーグチキン

アジャンタ@麹町でマトン&サーグチキン
東京都千代田区、麹町のインド料理店、アジャンタでランチのCセット、2000円也。

スープは、ラッサムとトマトの2種類からトマトスープを選ぶ。酸味とまろやかさを味わいつつ、食欲を膨らませる。

カレー2種類は、あれこれ考えて、ひとつはやはり基本のマトンを。浸みる辛さと深い香りがアジャンタの真髄。肉のやわらかさが好感触。

もうひとつはサーグチキン。ホウレンソウ入りチキンカレーとメニューにあるが、「入り」というよりは、殆どホウレンソウ。緑豊かな一皿は、まろやかな舌触りとスパイスの香ばしさが幸福感を広げる。

全粒粉のロティと白米でいただく。どちらかというとロティの方が合うと思うが、米もよい。

食後の泡立てチャイで思わず笑顔。ランチに2000円はちょっと高いと思うが、この幸せな時間のために払う代金としては、安いとも思う。

ごちそうさまです。

エチオピア@神保町でチキンカリー50倍

東京都千代田区、神保町のカリーライス専門店、エチオピアでチキンカリー880円也。辛さ50倍で。

久しぶりの来店だが…チキンの量増えた?以前来た時、たまたま少なかったのかな。気のせいかも。ともかく、たっぷりチキンに満足満足。

クローブの薫りが食欲をそそる、やみつきカリー。時々歯に当たるスパイスのかけらが、脳を覚醒させる。

そこそこ辛いが、旨さが減少せず、最後まで美味しくいただけるのが佳い。

美味しいものをいただいて、心身共に整えられるのだから、幸せなことこの上ない。

ごちそうさまでした。

アッチャ@町田でインド人もびっくり!チキンとほうれんそうカレー

アッチャ@町田でインド人もびっくり!チキンとほうれんそうカレー
東京都町田市のカレーの店、アッチャでチキンとほうれんそうカレー、1200円也。辛さは、チョイ辛、日本人もびっくりの上の3段階目「インド人もびっくり」で。

「インド人もびっくり…」と告げると、ジョイさんはカウンターの中から「大丈夫ですか!?」と言っていたが、ひと汗かいていろいろ出したい気分だったので、「お願いします!」と言って、暫し待つ。

辛さは、インド人もびっくりが最高レベル。体に良いカレー作りを続けているジョイさんは、辛さのみが際立つものは提供しないのだ。「『宇宙人もびっくり』とか作らないですよー。」と。

いろいろと話しているうちに出来た様子。うん、これこれ。スープ状のカレーが体に浸みるわぁ。野菜たっぷりも嬉しいなぁ。スパイスのフレッシュな薫りもいいよねぇ。

辛さは…カイエンヌなどの舌がヒリヒリする刺激ではなく、じわりと来て発汗する快感。水も飲まずに食べ進み、完食。あぁ、もっとゆっくり味わってもよかったか…。でも、だって、美味しいんだもん。

食べ終わると、早くも肌がツルツルになっていた。そして、体の芯からポカポカに。体が整えられ、心が落ち着き、明日からも頑張ろう、と思えるのだった。

ごちそうさまでした。

カレーのモコモコ@町田で南インド風辛口&大辛カレー

東京都町田市、カレーのモコモコで、南インド風辛口カレー(チキン)のハーフと、南インド風大辛カレー(ビーフ)のハーフ。ライスはレギュラーで〆て1000円也。

辛口は、程好い辛さととろみで、香味がアクセント。南インド風なのかもしれないが、モコモコオリジナルという好感あり。

大辛は、ジワジワ来る辛さと深いコクでライスと良く合う。

他のメニューも美味しそう。欧風カレーやオムカレー、幅広ビーフンにカレーをかけた、タイ風クェティオカレーなど、気になる品々が並ぶ。

店内ライブもあり。素敵な音楽を聴きながらカレーを味わうのもまたよし。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック