« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

アンジュナ@高幡不動でマトン&ベイガンキーマ

アンジュナ@高幡不動でマトン&ベイガンキーマ
東京都日野市、高幡不動のインド食堂アンジュナでランチセット、1150円。チャイ+210円也。

カレー2種は、8種の内からマトン、本日のカレーのベイガンキーマを。

麹町のアジャンタの流れを引いているが、オリジナルな魅力あふれるインド料理の店だ。

マトンカレーもアジャンタのテイストを感じさせるが、スパイスのフィーリングがやや荒っぽく魅力的。カレーの神が大日如来だとするならば、慈悲溢れる菩薩の相に化身した姿がアジャンタであり、厳しくも愛極まれる不動明王の姿がアンジュナであろうか。ジワリと刺激的なスパイスの宝剣に、あらゆる煩悩が断ち切られるような爽快感である。

ベイガンキーマも、挽き肉と茄子のフレッシュさが素晴らしい。明王が手にする五色の綱で、迷える心が救われたる心地である。

食べ盛りの男性諸氏には、量は少なく感じるかも知れないが、その質から言えば、コストパフォーマンスは非常に高いと言える。

他のカレーやサイドメニューも、魅力的。何度でも行きたい店。自分の中で、不動の地位を確保している。

いんでいら@渋谷で元祖えびめし&ベンガルカレー

東京渋谷の、えびめしとカレーの店、いんでいらで、えびめしとカレーのハーフ&ハーフ、950円也。カレーはベンガル極辛で。ミニスロー、ミニマカロニ、スープ付き。

以前はえびめしと欧風、北印カシミール、南印極辛ベンガルカレーだったメニューにも、焼きカレー、スープカレーなどいろいろと加わり賑やかだ。

元祖えびめしは、いんでいらの初代シェフが、昭和30年代に苦心して開発…などと書いてあるメニューを読んでいる内に、提供されてきた。

えびめしは、甘辛ソースが食欲をそそる焼き飯。ベンガルカレーは、ピリリとスパイスが刺激的な南印テイスト。極辛というほどではない。チキンや野菜が入っているが、具とルーが少なめなのが残念。ハーフだから当たり前だ。

両方食べられるのは魅力的だが、どちらも食べ足りなく感じてしまった。それでは、次回はカレーに専念して…と、見事にはまってしまうカレー道なのであった。

渋谷もよく行ったが、閉店してしまった杉並区永福町の店にも、よく通ったなぁ…。

いやいや、前向きにいきましょう、前向きに。

時は流れ、空が黄昏に染まっても、カレーの美味しさは変わらない。

シュクリア@藤沢でポテトカレー辛さ200

神奈川県藤沢のカレー店、シュクリアでポテトカレー、700円也。辛さ200で。辛さ増しでも値段が変わらないのが嬉しい。

何か明確な具があった方が目にも腹にも楽しいので、揚げポテト5Pを。揚げ置きチン。

エ○○のマ○○スカレーがベース。家庭のカレーに近いテイストで、親しみがある。辛さ200は、100とさほど変わらないように感じる。食欲を振るわせる辛さだ。

ライスの量がちと多いが、カウンターの漬け物をいただきつつ、軽く完食。次回は、もう少し辛さアップしてみますか…。

木多郎@鎌倉で限定ポーク野菜カリー3番

鎌倉のスープカレーの店、木多郎で、1日10食限定のポーク野菜カリー1300円。辛さ3番で+50円。〆て1350円也。本家は札幌。

スープカレーの味は濃いが、これくらいがスタンダードか。辛さは3番でちょうど良いくらい。

デンマーク産ポーク(デンマークベリー)を使用。適度な軟らかさと旨味はなかなか。

野菜はにんじん、ピーマン、なす、トマト、菜の花…とメニューにはあるが、菜の花は入っておらず、オクラとブロッコリーが。にんじんの自然な甘味が良い。あらためて、にんじんが素晴らしい具材であることを認識。

ライスが少ないように感じたが、野菜たっぷりで全体としては満足。足りない方は、大盛り+100円、又はおかわりライス+150円を。

限定牡蠣と、チキンは売り切れだった。機会があればチキン980円、5辛+100円でいっとくっしょ。

アジアンガーデン@藤沢辻堂でカレーランチバイキング

神奈川県藤沢市辻堂新町にあるショッピングセンター、ミスターマックス。その2階のインド料理店、アジアンガーデンにてランチバイキング、980円也。

客層は家族連れ、奥様方、時々カップルさんたちという感じか。そのためか、味付けもマイルドなものが多い。

6種類のカレーが食べ放題とは魅力的。本日は、バターチキン、エッグ、豆、キーマ、野菜、激辛チキン。取り立ててこれが美味い!というのはないが、それぞれに味わいがある。好みは野菜、バターチキン、エッグか。激辛チキンは、それほど辛くない。

激辛チキン6割、野菜4割をブレンドして、サフランライスでいただくと、なかなか良い味わいだった。ブレンドは邪道?でも、混ぜることで、味の宇宙は無限に拡がるのだ。

そんなこんなで、食べ過ぎてしまった。好みのカレーを見つける楽しみが良い感じ。

ナンが冷めていたのが残念。焼きたてが出て来た所を狙うのよいか。

機会があれば、次回はドリンク飲み放題+200円でラッシーをいただきたい。

カリフェby神田エチオピア@横浜で野菜カリーセット30倍

カリフェby<br />
 神田エチオピア@横浜で野菜カリーセット30倍
横浜ベイクォーターのCarrife by ETHIOPIA(カリフェby神田エチオピア)で、ランチセットBの「インド風カリーセット」、980円也。カリーはインド風チキン又は野菜で、野菜を。辛さ30倍で。15穀米ごはん。サラダは豆とツナ。デザートに自家製ヨーグルト。

味わいは、神保町エチオピアと同じで素晴らしい。クローブの香りが佳い。野菜は種類が多く目にも楽しい。ナス、カボチャ、ブロッコリーの存在が立っている。

辛さは好みによるが、70倍だと辛さが際立ってしまうため、今回は30倍。40でもよかったか。

15穀米は良いと思うが、辛さのためか、その良さを存分に味わうこと能わず。しかし、それを味わうために辛さを控えると、好みではなくなり物足りない。やむを得まい。

最初に提供されるサラダもよい。少々オイリー。

欧風や焼きカレー、サイドディッシュも気になる。またの機会に。

珊瑚礁@東戸塚でベーコン・トマトのガーリックカレー

神奈川県横浜市東戸塚のカレー店、珊瑚礁でベーコン・トマトのガーリックカレー、880円也。

10種類のカレーの中から、一番上に書いてあるものを選択した。

オーダーすると、厨房でベーコンをジュージューと炒める音が聞こえ、食欲をそそる。

カレーはまろやかで、割とシンプルな味。その分具が引き立つ。

ベーコン、トマトがしっかり入っており、食指を飽きさせない。にんにくが粒で入っており、ダイレクトなにんにく感が味わえる。なるほど、ガーリックカレーだ。

実は、失礼ながらあまり期待していなかったのだが、なかなかいける。他のカレーも食べてみたい。

スープカレーKenzo@鎌倉で野菜辛め

神奈川県鎌倉市腰越のスープカレーkenzoで野菜、辛めで。1000円也。

お洒落っぽい静かな店内。一人で入るのもまた良し。厨房でカレーが作られて行く様を覗き、ほほうなどと思いつつ、待つのが楽しい。

おっ!黄飯ですか。スープカレーと言えば白飯という固定観念がありました。

さてさてお味は。黄飯はややもっちりで、水分多いようにも思えるが、スープカレーに合うようだ。

カレーはあっさりとしており、グラス系ハーブが爽やか。塩分濃すぎず良い。ややターメリック強いが、好きな方にはこれくらいが良いだろう。

野菜は9種か。ホールトマトがジューシーで旨味を増す。大ぶりの茄子も丁寧に下ごしらえしてがある。じゃがいも、南瓜、人参、蓮根、オクラ、ピーマン、ブロッコリーもそれぞれ良い具だ。

あまり辛くしすぎず、辛めで味わうのが良いか。

しっかりと作られた料理に満足。チキンや豚の角煮など、他のカレーも気になる。

2009年12月末まで、営業日は土日祝日のみ。要確認。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック