日記・コラム・つぶやき

年の瀬に円覚寺に参る

年の瀬、鎌倉の円覚寺へ。

なんか墓参りをしておかないと、という気持ちになったのだ。毎年行っている訳ではないが、今年は何故だろう。

いつでも行けるから、と思ってなかなか行かないもの。しかし行ってみると、自分の心が落ち着くもの。

手を合わせて、自分の生き方を問う。結局、自分本位なんだな、と思い返す。

でも、先ず、自分が心身共に健康であること。これ大事。

人から力をもらうばかりの自分。少しでも人によい影響を与えることの出来るようになりたいもの。

皆様も自分も健康でありますように。

と、思った師走の鎌倉。風は冷たいが、空の彼方には暖かい春があった。

おおぞらにさくはな

おおぞらにさくはな
堀切菖蒲園にて。花の名前は「宇宙(おおぞら)」。素敵。

葛飾区郷土と天文の博物館でプラネタリウム見て、宇宙と自分について考えて帰る。

春の日のうなぎと花の調べ。

春の日のうなぎと花の調べ。
東京散歩。

上野池之端の伊豆栄でうな重を食べてむむぅと唸った後、春日局の墓所である麟祥院へ。はらはらと散り惜しむ桜が美しい。楓の花が見られるのもこの季節ならでは。春日通りの喧騒から離れて落ち着いたよい場所だ。

月曜日で本来は定休だが国立博物館に入れていただいてダヴィンチ展を観た後、博物館の敷地内にあるピンクのキクモモと白いイチヨウザクラの競演を楽しんだ。

春の花は散り際に美景を奏でる。

千本桜エモーショナル

千本桜エモーショナル
チャリ散歩。

境川の高鎌橋からサイクリングロードを上り246へ。川沿いの桜が目に芳しい。

大和の終点に着いた後、泉の森へ。森と滝の蒼碧を堪能の後、引地川を下り、千本桜を見て、親水公園から藤沢へ。

春麗であること。

あげまんじゅうと尋ね人

あげまんじゅうと尋ね人
いろいろと調べものをしていたら徹夜になってしまった。でも心残りが消えてすっきりした。人間、念を残しては往けませぬな。

明けて寝てもよかったけれど、天気がよいのでちょいとぶらり。浅草寺に参ってお籤ひいてあげまんじゅう食べて隅田公園でひなたぼこして。桜の蕾はまだ堅い。

ところで浅草と言えば、写真のお方ですね。この方は…って、どなたですか〜!頭のチョンチョコリンがきになります。

なんか、ほのぼの。

袖すりあうも多少のえのしま

袖すりあうも多少のえのしま
家から歩いて江の島へ。大橋を渡り参道の店をひやかして辺津宮へ。天気も良いので稚児ヶ淵まで行く。陽射しは暖かいが、冬の海風はまだ冷たい。

江の島の名の由来は「縁の島」とか。自分は縁をどれだけ大切にしているかな。もう少し縁を大切にしようか。

波よ、風よ。

波よ、風よ。

七里ヶ浜の海の辺をシャクシャクと歩いてみれば、さらりと吹く風は暖かい匂いを運んできました。

ああ、湘南の波よ、風よ。あの人は今、何処に居るのでしょう。元気でいるのでしょうか。もし判ったら教えてください。

六月の風は未だ優しく、夏の陛を聴かせてくれるのでした。

花散らしの雨、国の宝

桜が咲いても寒い春。花散らしの雨の中、東京国立博物館へ行き、「最澄と天台の国宝」展へ。来場者は比較的高齢に見える方が多いけれど、真剣な眼差しで展示を見つめる若い方もちらほら。むむ。日本の文化はこういう方が守っていくのかな。

しかし素晴らしい作品群ですね。圧倒されます。自分的にはこれで1300円は安いです。金額で表わせる価値のものではありませんが。

立体好きの私としては、仏像群に見惚れてしまいます。しかも密教の像が多く惚れ惚れです。お気に入りを書いていたらきりが無いけれど、福岡、観世音寺の兜跋毘沙門天が素敵。毘沙門天を担いで持ち上げている地天女の冷静な表情が良いです。また、思いがけずお目にかかった岩手の黒石寺の持国天、増長天が素晴らしかった。大分、大山寺の普賢延命菩薩坐像は、なんと12頭の白象が支えており面白い。

現代の自分は、これらの作品を面白いなどと言うけれど、作った方々は国と国民の平和を心の底から願っていたのだろうな。だから国宝なんだろうな、などと思う。自分はどうする…とりあえず、今やるべきことをしっかりとやろう。今日一日をちゃんと生きていこう。まぁ、あまり考えすぎずに、ね。

桜、舞い散る中で

Ofuna1春。良い日和。仕事のない日。お出掛けはしたいけれど、そんなに遠出はしたくない。わがままな日。東海道線の車中から日頃見ていたが、全く行く機会に恵まれなかった大船観音に行ってみる。

遠目に見ても大きいのだろうとは思っていたが、境内に入ると観音の大きさと優しさを実感する。純白の観音の建立着手は昭和の初期であったが、様々な艱難辛苦を越えてその姿を現したのは昭和三十五年の四月。建立に尽力された往時の方々の労苦が偲ばれる。

建立当時も桜の花が咲き誇っていただろうか。数十年の年月を経て、今また桜の季節。薄桃色の花びらが舞い散る中、観音は静かに微笑み、数多の人々の暮らしを見守り続けているのであった。
Ofuna2

ハフー、な日曜日

いやはや、走ってきました。三浦国際市民マラソン、初ハーフ。

ハーフなんて、練習でも駆けたことないのに…2月から体調もイマイチでほとんど練習出来ず、不安を抱えての本番でしたが…なんとか完走することが出来ました。タイムは2時間25分だったので目標より5分オーバーしてしまい、自慢出来るタイムではありませんが、普段あまり運動していない自分が怪我も無く完走できたことだけで嬉しい限りです。

アップダウンのあるコースで大変でしたが、晴天の下、広がる海や富士山を眺めながらの走りはなかなか楽しいものでした。

しかし、ちょっと驚きだったのは前日の夜体重を量り、完走後にまた量ったんですが、4キロ減っていました。そんなに消耗するものでしょうか…。まぁ、打ち上げでかなりリバウンドしたと思われますが。朝の炭水化物の摂取量が足りなかったので、自家発電になったのかな。

んん、日頃からこまめに体を動かすことの大切さを改めて感じました。当たり前のことですけどね。さて。明日からまた、いろいろがんばりましょう。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック