旅行・地域

仏果山・経ヶ岳(愛川町)

仏果山・経ヶ岳(愛川町)
神奈川県の山歩き。
仏果山・経ヶ岳(愛川町)

正月三日、快晴。今年の初山。鈍った体に丁度よい、適度なコース。撚糸組合バス停からスタートして、ややアップダウンのある山歩きを続け、ゴールの半僧坊まで約5時間。

丹沢山塊の北東に位置する仏果山(747m)と経ヶ岳(633m)は、その名からも分かるように、仏教にふかい縁のある山。過ぎ去りし時に、幾万の先達が歩いたであろう山道を、落ち葉を踏み締めながら歩く。

シーズンは春秋だが、冬は人も少なく、静かで良い。眺望も素晴らしい。ロープづたいに岩場を歩く箇所もあり、注意が必要。

山を下りたら、塩川温泉で一休み。ジビエに舌鼓を打ちつつ、佳い時間を過ごすよろし。今日は鹿肉。

冬でも、天気のよい日は歩きやすい。写真は、経ヶ岳山頂から陽光を臨むの図。

峯山(鎌倉市・広町緑地)

峯山(鎌倉市・広町緑地)
神奈川県の山歩き。
峯山(鎌倉市)

湘南モノレール、西鎌倉駅から徒歩10分のところに、広町緑地の入口がある。歩くコースは色々あるが、一番長い外周コースはおよそ2時間。喧騒を離れて森や山道を歩き、静かな一時を過ごすことが出来る。

高低や湿度の差による、植物の生態の違いが面白い。野鳥の鳴き声に心洗われる。5月のウグイスは、鳴くのがかなり巧い。この麗しき自然を、何時までも残したいものだ。

写真は大桜。日中でも薄暗かった。桜の時期の花や如何?

南山(相模原市津久井町)

南山(相模原市津久井町)
南山(相模原市津久井町・標高544m・歩行時間180分)

小田急線本厚木駅からバスで約1時間、終点の宮ヶ瀬から歩き始める。虹の大橋を渡り、鳥居原ふれあいの館へ。芋窪橋を渡った所から山歩きスタート。所々に急な上り下りもあるが、階段状の山道は割と歩きやすい。権現平でひと休み。前面に高取山や仏果山、見下ろせば宮ヶ瀬ダム。遠くに横浜のみなとみらいの建物群が見える。冬季は凍結防止のため、トイレが使用できないので注意。

権現平から南山へはなだらかな道も多く、鳥の声を聞きながらの山歩きを楽しめる。南山の頂上からの展望は素晴らしい。宮ヶ瀬湖越しに、大山や白い山肌の丹沢山塊が広がる。しばらくパノラマを堪能した後に下りる。韮尾根への下りに鎖場があり、足元に注意しつつ下りる。整備された階段道を下ると、羊や牛の声が聞こえてきて長閑。服部牧場はすぐそこだ。

新緑や紅葉の頃もよいが、空気の澄んだ冬の山歩きもまたよい。

金時山(箱根町)

金時山(箱根町)
神奈川県の山歩き。
金時山(箱根町・標高1212.5m・歩行時間120分)

車で足柄万葉公園の少し先まで行き、山歩きスタート。気軽にハイキング…のつもりだったが、山の北側からの今回のコースは、急登箇所があり意外に気を使った。手袋があった方がよい。雨後は泥濘多く注意を要する。

金時山は箱根外輪山の最高峰である。山頂からの眺望がよく、芦ノ湖、神山、仙石原、大涌谷、そして裾野からの富士山の全姿が楽しめる。この日は、遠くに甲斐駒ヶ岳が見えた。

金時娘がいる、山頂の金時茶屋で一服。この山には何千回も登っている方もいるとか。敬服至極。顛倒に気を付けて、来た道を下りる。帰りの温泉も楽しみの一つだ。

円海山・大丸山(横浜市)

円海山・大丸山(横浜市)
神奈川県の山歩き・その3
円海山・大丸山(横浜市・標高156.9m・歩行時間120分)

お手軽ハイキング。途中、いろいろなコースに分岐しており、どちらに行くか考えるのも面白い。

JR港南台駅から歩き、上郷高校の脇から登り、いっしんどう広場から円海山へ。樹林の中の道は踏み固められており歩きやすい。鳥の声を聞きつつ歩き続ければ、横浜市内で一番標高が高い156.9mの大丸山。関谷見晴台から金沢動物園方面に下りて終了。余力があれば、ここで下りずに鎌倉天園方面に向かうのもよい。山から見る海は風情がある。

衣張山(鎌倉市)

衣張山(鎌倉市)
神奈川県の山歩き・その2
衣張山(鎌倉市・標高120.0m・歩行時間60分)

浄明寺バス停スタート、杉本観音ゴールのちょこっと山歩き。しかしながら鎌倉の市街、由比ヶ浜と相模湾を一望出来る爽快なコースだ。

報国寺の脇を過ぎ、平成巡礼古道を登る。金剛窟地蔵尊を過ぎ、ハイランド団地の外れを歩き、登山口へ。10分程で海岸線の見える眺めのよい開けた場所に出る。此処が衣張山か…と思ったが、どうやら浅間山と言うらしい。もう少し下り登りして今度こそ衣張山へ。こちらの方がより開けている。暫し眺望を楽しんだ後に下山。下りきって道なりに杉本観音前へ。

展望と山深い味わいを楽しめる、お気軽コース。杉本観音に寄るのも良い。

源氏山(鎌倉市)

源氏山(鎌倉市)
神奈川県の山歩き・その1
源氏山(鎌倉市・標高93m・歩行時間60分)

北鎌倉駅から歩き、浄智寺の脇を登る。山道を登るとじきに「天柱峰」の石碑。ここは、大陸から来朝したある禅の高僧が好んだ場所らしい。

日野俊基を祀る葛原岡神社を通り、源氏山の山頂へ。開けた頂の公園で軽くストレッチ。

大仏ハイキングコースへ向かう。途中、材木座や逗子の海の眺めがよい。謎のお休み処、樹ガーデンが気になるが先へ行く。木の根に気をつけつつ軽く上下して進むと、しばらくして大仏坂トンネルの上に出る。道路沿いを江ノ電長谷駅へ歩いて終了。

静かな山道を楽しめるコース。無理なく足慣らしが出来てよい。岩場には注意。

すみのえの/住吉大社

すみのえの/住吉大社
摂津の国の一ノ宮、住吉大社へ。市街地のすぐ近くに在りながら、自然豊かな神域である。

淀君奉納の反橋、またの名を太鼓橋を渡り、四つの本宮へ参る。

仕事帰りと思われる方が次々と参っている。住吉の神様は、地元の方々の生活に根ざしているのだろう。日本の良き文化がずっと続くことを願う。

あおによし/奈良東大寺

あおによし/奈良東大寺
奈良に来たら是非東大寺に寄りたい。見所はいろいろあるが、大仏は外すことが出来ない。何度見ても飽きない大好きな場所である。自分の前世は、東大寺門前の土産物屋だったかも知れない。

しかし大きい。大仏は鋳造仏としては世界一。大仏殿も木造建造物としては世界一の規模。恐れ入ります。

もうこのような大仏を造ることはないかも知れないが、また造ることになれば、ぜひとも何らかの役割で参加したいものである。

写真は東大寺大仏殿前の八角灯籠。音声菩薩を見逃してしまう方がいらっしゃるのは残念。大仏の陰に隠れて、まさに隠れキャラ的存在?

雨の猿沢池/興福寺

雨の猿沢池/興福寺
猿沢池から興福寺を望む。定番スポット。池の緑色が濃くなっている気がする。

亀もまったり。雨もまた佳し。

この後、国宝館にて仏達にウットリ。阿修羅はいつ見ても好い。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

way

  • Time is ...

最近のトラックバック